infoニュース

2022年5月31日
プレスリリース

ソリッドインテリジェンスが「日本旅行」に関する海外SNSデータを収集、海外17市場の話題を都道府県別に調査した分析レポートの最新版を公開

プレスリリース

2022年5月31日
ソリッドインテリジェンス株式会社

ソリッドインテリジェンスが「日本旅行」に関する海外SNSデータを収集、
海外17市場の話題を都道府県別に調査した分析レポートの最新版を公開


ソリッドインテリジェンス株式会社は、海外における日本旅行に関する話題について、17市場(国・地域)、9言語で1,200万件以上の投稿データを収集し、都道府県別・市場別に集計・分析したレポート「全国版」と「市場別編」を公開しています。そのレポートを2021年の最新データに更新した最新版を公開します。

2021年の都道府県別年間話題量ランキング(17市場合計)※順位変動は前年比

「都道府県レポート」をご希望の方は、資料請求フォームよりお申し込みください。
都道府県レポートを請求する

レポート「全国版」では、各都道府県においてどの国や地域からの話題量が多いかがわかり、海外市場における認知度を把握することができます。ランキング順位の推移から、時期による話題量の変化を確認したり、他の都道府県のデータと比較することで海外市場における認知度の違いを把握したりすることができます。
「市場別編」では、各市場(国や地域)においてどの都道府県の話題が多く投稿されているのかがわかり、ターゲットとしている市場における立ち位置を測ることができます。

「全国版」「市場別編」ともに、ソーシャルメディアの話題量から知名度や認知度を測る指標の1つとしてご活用いただけます。

また、観光客の往来ができないコロナ禍において、旅行者のデータを取得するのが困難な中、ソーシャルメディア上に投稿される情報は「旅行者の今」を知る貴重なデータです。フォーラム上で旅行の相談をしていたり、日本在住の外国人が情報を発信し、それに対してリアクションしていたりと、旅行者がいない中でも旅行に関する話題が投稿されていることが確認できます。

今回はコロナ禍で外国人旅行者が来日できなかった期間でも、ランキング順位が向上している秋田県と三重県の事例をご紹介します。

<秋田県>

2021年の都道府県別話題量ランキングにおける秋田県の順位

レポート「全国版」で秋田県のランキング推移を見ると、17市場の平均順位ではコロナ禍が始まった2020年に、ランキング順位が前年より5位上昇し、2021年には前年より1位ランクダウンしています。
個別の市場を見てみると、香港、オーストラリア、フランス、ドイツの4市場で、コロナ禍が始まった2020年から毎年ランキング順位が上がっており、特に香港やフランスでは順位が大きく変化しています。(香港:2019年→2020年→2021年:35位→30位→21位、フランス:2019年→2020年→2021年:36位→35位→21位)

ランキング順位が向上した要因を調べてみると、香港では2020年12月に、訪日外国人旅行者向け鉄道パス「JR EAST PASS」の利用エリアや価格改訂などの情報がフォーラムで公開され、話題となっていました。日本を旅行する際に最適な移動手段やお得なきっぷ情報について言及されており、秋田や青森などの遠いところに行くときの交通手段に関するコメントなどが見られました。2021年1月には、大雪によって秋田で停電が起こったニュースのほか、アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の話題が投稿され、話題量が増加しました。

フランスでは2021年1月に、日本在住のフランス人インフルエンサーが乳頭温泉の写真を載せ、「北日本の混浴へ行ってみた」とツイートした投稿が数多くリツイートされていました。このツイートには2000以上のいいねの反応があり、インフルエンサーの投稿による知名度の向上が期待できそうです。

<三重県>

2021年の都道府県別話題量ランキングにおける三重県の順位

レポート「全国版」で三重県のランキング推移を見ると、17市場の平均順位では2019年以降25位→23位→19位と徐々に順位が向上してきています。
個別の市場を見てみると、韓国・台湾・インド・ロシアの4市場で、コロナ禍が始まった2020年から毎年ランキング順位が上がっており、特に韓国やロシアでは順位が大きく変動していることがわかります。(韓国:2019年→2020年→2021年:43位→42位→32位、ロシア:2019年→2020年→2021年:39位→38位→26位)

ランキング順位が向上した要因を調べてみると、韓国では2020年10月に、日本在住の日韓夫婦が三重県を旅行した様子を映した動画にコメントが多数投稿され話題量が増加していました。
この動画に対して、「動画を見るほど日本に行きたくなりますね」「動画のお二人と一緒に三重県をちょっと旅した気分になってよかったです」「日本にこんなところがあったのを知らなかったんですが本当にぜひ行ってみたいです」「コロナが良くなったらみかんを味わいに三重県に遊びに行きたいですね」などの反応があり、旅行の意欲が高まっている様子が読み取れます。

また、台湾では2020年1月に、旅行に関する投稿が数多く投稿されており、特に伊勢・鳥羽・志摩のお得なチケット「まわりゃんせ」や鳥羽水族館に関する投稿が見られました。
投稿には、「デジタルフリーパスは便利ですね。家族旅行の場合、紙チケットやクーポンの保管は本当に大変。QRコードだけで利用できるのは助かった」「鳥羽水族館のセイウチショーはすごく面白くておすすめです。掛け合い漫才のように芸も披露してくれるので、是非行ってみてください!」など旅行者の率直な感想が投稿されており、今後のインバウンド施策のヒントとなりそうです。

おわりに

このようにレポートから、時期による話題量の変化や、どの国や地域からの話題量が多いかを確認することができ、都道府県ランキングの一つの指標としてご活用いただけます。
さらに、ソーシャルメディアやSNSの投稿を分析することで、地域における話題のコンテンツや、市場ごとの違いなどを把握することができ、誘客の施策をより最適化するためのヒントを得ることができます。

※キーワードの拡充や調整を図っているため、ランキング順位や話題量比率など今回公開しているデータは、前回公開したデータと相違している個所がございます。「全国版」「市場別編」ともにデータを更新しておりますのでご注意ください。


【取得データの概要】

■データ取得期間
・2018年1月1日~2021年12月31日(ドイツ語のみ2018年4月1日以降のデータを取得)

■対象言語・対象市場
・対象言語:英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語(9言語)
・対象市場(国・地域):アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポール、フィリピン、マレーシア、インド、中国、台湾、香港、韓国、タイ、フランス、ドイツ、スペイン、ロシア(17市場)

■取得データ概説

  • 各都道府県の話題量は、都道府県名・県庁所在地・代表的な観光地名など複数の地名に関する投稿データの件数を合算しています。(例:京都府 ⇒ 京都、嵐山、宇治、天橋立などの投稿データを合算)
  • 投稿データの市場は、使用言語、SNSの登録情報、メディアのドメイン、サーバー情報などから推定しています。
  • 取得メディアは、Twitter、YouTube、ブログ、掲示板、ニュースメディアなど、全世界数億のソーシャルメディアから調査対象市場で利用されているサイトを対象としています。


「都道府県レポート」をご希望の方は、資料請求フォームよりお申し込みください。
都道府県レポートを請求する

今後の展開について

ソリッドインテリジェンスは、多言語ソーシャルメディア・SNS分析を主要業務とし、省庁や自治体向けのインバウンドレポート・コンサルティング、ナショナルクライアント向けの越境ECにおけるレビュー分析や進出フィージビリティスタディ、グローバルにおけるコーポレートリスク情報に関する調査・分析事業を提供させていただいております。

今後も継続して各国における「日本旅行」に関するSNSデータを取得し、データを定期的に更新していきます。


本リリースに関するお問い合わせ先

ソリッドインテリジェンス株式会社 広報担当
・TEL:03-5725-1105(代表)
・メール:info@solid-i.co.jp